<< あぁ勘違い | main | 秋晴れドライブ >>

読めない…

おとといに引き続き、仕事ネタ

マンツーマン研修から一歩進んで、自分ひとりで検索するようになって2週間
検索デビューした最初の頃からしてみると、声もずいぶん出るようになったし
気持ち的にもだいぶ余裕が出てきて、お客さんが言うことも聞き取れるようになってきました

まだまだ色々失敗しまくるけど、ちょっとは進歩してきた・・・かな?


 
 
そして今一番苦労しているのが、「住所」を聞き取るコト

なんと言っても、一回も聞いたこともない住所との出会いが、毎日大量にあります
「小野(おの)」だと思っても「大野(おおの)」だったり
「佐藤(さとう)」だと思ったら「里(さと)」だったり
ほんのちょっとしたコトが全然分からなくて、しょっちゅうお客さんに

「いや違うよ」 「何いってんの」 「え?」 と言われまくる日々(T-T)



でもね。でもね

時には、お客さんも読めない住所って言うのがありまして・・・

「○と○っていう字の住所なんだけど、なんて読むんだろうねえ」
って言われることがしょっちゅうあります

今日は、そんな「珍名住所」をご紹介してみようかと。



まずはあたしの地元の山口県にも、色々珍住所がちらほら。
その最たるものは

「特牛」と書いて「こっとい」

と読む住所

特 と 牛 の一体ドコをどう読んだら こっとい になるのやら・・・!
サッパリ分かりません

あとは、「藤中」と書いて「ふんじゅう」って読むとか
「厚狭」って書いて「あさ」って読むとか
「下松」って書いて「くだまつ」って読むとか
地味に分からないのがイッパイ


あと、和歌山県の住所で
「朝来」って書いて「あっそ」って読むのにはちょっと笑った

お客さんから最初聞いたとき、
「○○市の、○○の、○○町のあっそ」
と言われて、「え?」って素で聞き返してしまいました
なぜそこで あっそ、って言うんだ・・・と思って。


今日聞いたのは、愛媛県松山市の、「西垣生町」と書いて「にしはぶまち」って読むところ
「垣生」を はぶ って読むとはなぁ〜@@;
お客さんも
「垣根の垣に、生まれるって言う文字なんだけど、なんて読むんだろね?わからないけど教えて」
って言われまして
「え、あたしもわからん・・・」と一瞬焦りましたですよ

住所には、当分の間てこずりそうであります><



***オマケ*** 



仕事が終わって、帰りのバスを待っていたら、空が綺麗な夕焼け色でした
もう真っ赤のピークは過ぎてたけど、こんな微妙な空の色も好きだな〜^^
 
posted by: riri-non | リアル | 22:39 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
 
2005/10/16 1:03 AM
Posted by: Rage
朝来には仕事でよく行ってたぞw
和歌山にも難しい地名多いよ

人名では「小鳥遊」これが難しかった!
2005/10/16 1:54 PM
Posted by: リリィ
おお、そうなんだ
んじゃ「今日もあっそに出張してくる」とかいう、傍から見たらおもしろ会話
してたかもしれないのね('-'*)
うん。和歌山とか滋賀の地名が一番難しいと思う
だって地元じゃないから、全然聞いたことないしね

「小鳥遊」は読めるぞ!ふふふ
「たかなし」さんだよネ。前、作家か何かでその名前の人を見たよー
2005/10/16 3:09 PM
Posted by: jinko
あちきの仕事もよくリリィさんのような事が起きる。たとえば「河間町」と書いて「こばさまちょう」と読むのだが地元の人じゃないと読めないよってつっこみたくなる時がある。でも間違ったまま仕事を出来ないしね。だからそんな時は「頑張れ、自分!」って思って仕事してますw
2005/10/16 4:14 PM
Posted by: リリィ
こばさまちょう は読めないねー!
なんでわざわざ、そんな突拍子もない読み方にしたのか、
市長か町長あたりに、小1時間問い詰めてみたい気分になりますなw
うんうん・・・気持ち分かるよ・・・
頑張れJinkoちゃん!頑張れあたし!









トラックバック
 
http://bi.riri.velvet.jp/trackback/324542